読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴ドリル(Shibe Drill)の破壊力がヤバイ!

うつろうつろしながらテキトーにはてなブックマーク見てたらこんな記事見つけた。

いやいやこれはヤバイ。

やばすぎたんで自分でも探してみた。

 

http://i.imgur.com/AKl99Wa.jpg

 

かわいい!

 

http://up.gc-img.net/post_img/2015/06/lBC2QxFRF1BmSHj_kEJJ2_38.jpeg

OK、ギリギリドリル!

 

http://up.gc-img.net/post_img_web/2015/06/1ef8d1fcb92a45ad5b8ccd8117c26df5_7280.jpeg

バイブレーション設定ON!

 

 

 

 

「Shibe Drill」探してみたけど全然出てこないじゃない!!

記事には海外の一部で流行ってるって書いてあるんだけど。どこの一部!?

 

でもなごんだしそれでいいのだ!

【ミリオンゴッド神々の凱旋】初打ち感想

とりあえず打ってきましたよ。

昼過ぎにお店に出向いたので新台はほとんど座られてたんですが、ミリオンゴッド神々の凱旋300G落ちが1台タイミングよく空いてたので座ってみました。

打ったときはそれほど解析も出てなかったのでとりあえず当たり引くまでやってみようと天井も厭わずとにかくぶん回してました。

ハーデスではちょっと熱いゾーンだった400G~450Gはなーんも起こらずスルー。

600Gも華麗にスルー。

900Gもあっさりスルー。そろそろ本格的に天井意識しだします。この時点で投資30K超えたくらい。

1000G超えても熱い演出はもちろん気になる挙動などなーんにもなく、ただただコインを入れてレバーを叩きボタンを押す作業が続いていきます。

1300G超えて軍資金の残りが10Kを切り、天井まで持つかな?ATM行かないといけないかな?と悩みつつ液晶も見ず淡々と消化してたら目の前のマシンから何か音がしました。

f:id:agodasigen:20150412171722j:plain

やっちまった・・・

な~んにも見てませんでした。GOD揃いはGODGAME×5らしいです。神々の凱旋のGODGAMEは100G固定で1Gあたりの期待枚数は約3枚。なのでGOD揃いはそれだけで1500枚くらい出る計算になります。

何にせよ当たりは当たりでGOD揃い引けたのは嬉しいので上乗せゾーンのSUPER GOD GAME当たんないかなーと意気込んで回していきます。

うん、はい。何もなく終了しました。引き戻しも何もなかったです。

獲得枚数は1400枚。ラスト2回のGOD GAMEが200枚行かなかったりで期待値まで届きませんでした。

この後ちょっと打って辞めましたが、とにかく演出があんまりおもしろくないです。いや元々GODってそんなもんでしょって言われればそれまでですが、何というか液晶見ててもあんま意味がないような演出ばっかりで飽きが早そうです。

GOD打つなら僕はやっぱりハーデスです。

海外でランドセルが人気

今更だけど海外ではランドセルがファッションとして人気です。

 

こういうセレブとかから始まったみたい。

f:id:agodasigen:20141106210056j:plain

 

 

おじさんもランドセル

f:id:agodasigen:20141106210058p:plain

 

 

こんな街なかでもランドセル

f:id:agodasigen:20141106210059j:plain

 

 

これは何かちょっと違う気もするけど・・・・

f:id:agodasigen:20141106210100j:plain

 

 

 

 

でも僕が知る限りでファッションとして初めてランドセルを背負った人はこの女性

f:id:agodasigen:20141106210055j:plain

 

 

何か羽がついてますけど。

体中いろんな色の装飾品がついてますが、今ではきれいなお姉さんです。

サント=ブーヴ

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ(Charles Augustin Sainte-Beuve, 1804年12月23日ブローニュ=シュル=メール - 1869年10月13日パリ)は19世紀フランス文芸評論家小説家詩人ロマン主義を代表する作家の一人で、近代批評の父とも言われる。

ロマン主義文学史上、小説のユゴーバルザックと並び称され、批評というジャンルを確立したと言われる。代表作にジャンセニスムの歴史を描いた「ポール・ロワイヤル史」(Port-Royal、1840-1859刊)、「月曜閑談」など。1844年にアカデミー・フランセーズの会員になった。ユーゴーの妻アデールと姦通したことでも知られる。

 

この人、いろんな名言・格言を残しています。例えば

『若い時代にあまり放縦だと、心のうるおいがなくなる。若い時代にあまりに節制すると、頭の融通が利かなくなる。』

などがあります。

 

僕は今日はじめてこの人のことを知ったんですが、とても衝撃的で感銘を受けました。

 

その名言がこちら

 

 

 

 

 

f:id:agodasigen:20141016142625j:plain

ついてるのかついてないのか

すろっと、アナザーゴッドハーデス。

念願の「GOD揃い」引きました!

 

挙動が何かおかしいぞーって思ってたら、ジャカーンジャカーンって液晶は7、リールはGODがテンパイ。

マジで!?と思いつつ3リール目停止するとGOD図柄揃い。液晶では777がキラキラ光りつつ階段を登り、神々しく「GOD」の文字が舞い降ります。

 

このとき支出的には、蒼天の拳で8kほど使ったあと、AGHに移り2kか3k使ったところでした。つまり10~11kでGODを引いたことに。

 

これは5万は勝った!ついてる!

 

と思い意気揚々とGODゲームを消化していきます。

どんどん消化します。

これといった演出もなく淡々と消化します。

上乗せもなく消化します。

100Gで終了。

 

んー、まだストックの分が!!

 

ケルベロスで即終了。。

その後もケルベロス。はいはい。

次はセポネさん。それでも紫7が一度揃っただけ、ドックンならず上乗せ100Gで終了。

 

何これ。

 

そのあと2回か3回50G以内に引き戻すもケルベロスで特に大きな上乗せもなくさっくり終わり。

裏でストックでもされてたのかな。その辺あんまり詳しくないです。 

 

結局1700枚ちょっとで、プラス20kくらい。

 

隣のGOD揃いはハーデスさん出てプラス500Gとかなっとったやん!

もっと頑張れよ!

ブリトニーならぬ、ボリネス・スピアーズ

なにこれwwwwww

 

色々と満点です!

ダンスはもちろん、表情、太り具合、シャツの空き具合、動画のクオリティ。

 

He is PERFECT!

ネイマールを最初に見た時から抱いてた違和感(既視感)の理由が分かった【外見のみ】

ネイマールとは?

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior, 1992年2月5日 - )は、ブラジルサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手FCバルセロナ所属。ポジションはフォワードブラジル代表

f:id:agodasigen:20140620125329j:plain

 

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール - Wikipedia

 

最初に見たときに何か違和感があった。既視感とも言うべきか。

本田に似てるとかそういう話しもたまに聞くけど、そんなんじゃない。

 

今日ラジオを聞いてると懐かしい曲がかかった。

映画「ネバーエンディングストーリー」の主題歌、その名も「Never Ending Story」

 

何ともなしに聞いてたけど、この曲のPVがふと頭をよぎったとき、ネイマールの違和感(既視感)の理由がわかった気がした。