読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サント=ブーヴ

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ

シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ(Charles Augustin Sainte-Beuve, 1804年12月23日ブローニュ=シュル=メール - 1869年10月13日パリ)は19世紀フランス文芸評論家小説家詩人ロマン主義を代表する作家の一人で、近代批評の父とも言われる。

ロマン主義文学史上、小説のユゴーバルザックと並び称され、批評というジャンルを確立したと言われる。代表作にジャンセニスムの歴史を描いた「ポール・ロワイヤル史」(Port-Royal、1840-1859刊)、「月曜閑談」など。1844年にアカデミー・フランセーズの会員になった。ユーゴーの妻アデールと姦通したことでも知られる。

 

この人、いろんな名言・格言を残しています。例えば

『若い時代にあまり放縦だと、心のうるおいがなくなる。若い時代にあまりに節制すると、頭の融通が利かなくなる。』

などがあります。

 

僕は今日はじめてこの人のことを知ったんですが、とても衝撃的で感銘を受けました。

 

その名言がこちら

 

 

 

 

 

f:id:agodasigen:20141016142625j:plain